外来診療時間

平日/(午前)9:00〜12:00(午後)2:00〜6:00/土曜午後4時まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

外来診察案内

妊婦健診・子宮がん検診 ・不妊検査及び治療 ・更年期外来・月経不順 ・避妊法、相談 ・おりものについて など

コラム

里帰り出産の方へ

4Dエコー

食事とおやつ

サプライズプレゼント

  1. ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 婦人科外来
  4. 診療案内

診療のご案内(婦人科外来/診療案内)

診療のご案内

☆木曜午後・日曜・祝日休診

☆分娩や急な処置などで、外来診療を中断することもございます。又、混雑する際など、お待たせしてしまいますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

婦人科診療案内

  • 婦人科検診(乳ガン検診を除く)
  • 良性疾患(子宮筋腫・卵巣のう腫・子宮内膜症など)の診療と経過観察
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • 月経困難症(生理痛)
  • 避妊相談(母体保護法指定医です)
  • ブライダルチェック
  • 子宮頚がん予防ワクチンが接種できます。

※婦人科の手術はしておりません。

1. 子宮頚がんとは・・・?

子宮頚部(子宮の入り口)にできるがんです。HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因です。HPVは、皮膚や粘膜に存在する、ごくありふれたウイルスです。100種類以上ありますが、子宮頚がんの原因となるのは、15種類ほどで、『発がん性HPV』と呼ばれます。これは、主に性交渉によって、感染します。

2. 前がん病変や子宮頚がんの初期は、ほとんど無症状です。

子宮頚がんの初期には、自覚症状がないため、検診でみつかることもあります。進行するにつれ、様々な症状が表れます。ごく初期に発見できれば、多くの場合、子宮を温存できますが、進行すると、子宮全体を摘出する手術や、放射線や薬の治療が必要となり、妊娠や出産にも影響を及ぼします。

進行した子宮頚がんの症状

  • 性交後出血
  • おりものの異常(茶褐色、黒褐色のおりものが増える・・など)
  • 不正出血(月経時以外の出血)
  • 下腹部や腰の痛みなど。

3. 子宮頚がんは、ワクチン接種と定期的な検診で、予防することができるがんです。

4. 子宮頚がん予防ワクチンは筋肉に接種します。

5. 子宮頚がん予防ワクチンは、半年間に3回接種します。

  • 初回接種(1回目)・初回接種から1ヶ月後(2回目)・初回接種から6ヶ月後(3回目) の合計3回の接種が必要です。
  • 当院では、ワクチン接種は予約制にさせていただいております。

★ワクチン接種は、基本的に水曜日の午後に行っていますが、ご都合の悪い方はお気軽にご相談ください。